リクルートライフスタイル

3年間で身につく6つのスキル

3年間で身につくもの。それは、卒業後、どんな業界、職種についても、必ず通用する一生モノのスキルです。

どんな場所でも、個人として活躍できる力をつける。

ここで身につけられるスキルは、あなた個人の能力として今後、どこへ行っても役立つものとなっているはず。「好き」を追求するもよし。「得意」を武器にするもよし。3年間を終えたとき、あなたはきっと、想像以上の自分になっているはずです。

01 課題設定スキル

クライアントは今、何に困っているのか?また、その現状は何が原因であり、どう解決できるのか。問題の原因を特定し、本質的な課題として設定できるスキルは、あらゆるプランニングの基本となります。

02 企画立案〜業務遂行スキル

設定した課題に対し、どのような打ち手を講じて解決していくか。現状を打破するためのシナリオを描き、解決策を実行しながら、効果が出るまでスピーディーに改善策を打ち出していく。その過程で身につくチカラは、継続的なクライアントとの関係性を築き上げる、企画営業にとってもっとも重要なスキルです。

03 クリエイティブスキル

プランニングの内容を、実際に世に出すために必要なのが、クリエイティブスキルです。ターゲットは誰か、どのような言葉を選べばよいか、写真はどんなものがよいかなど、一番「伝わる」方法を自ら手掛けることで、課題設定からターゲティング、プランニング、アウトプット創出までを一手に担います。

04 対人・交渉/プレゼンテーションスキル

お客様は経営者から現場のスタッフの方まで、あらゆる層の方々です。それぞれの立場や気持ちに配慮しながら、一つ一つ丁寧に仕事を進めることで、ビジネスに必要な高いコミュニケーション能力がつちかわれます。

05 経営者視点

私たちは、経営の肝である「集客」や「販促」のプロとして、一介の「営業担当」ではなく、経営者や店舖オーナーの「事業経営のパートナー」として期待されています。短期的な集客課題だけでなく、クライアントの中長期の視点にたった提案を通じて、オーナーや経営者と一丸となって結果にコミットすることで、経営者視点を養います。

06 チームワーク

自身の売上目標だけを追い求めるのではなく、担当する地域を盛り上げるために同じチーム・組織で働く仲間と協働することにより、より高い成果を上げ、より早い成長に結びつける力を身につけます。