リクルートライフスタイル

MEMBER 02
自分の価値は何なのか。この3年間で、見つけてみせる。
浜本 あかり / 2015年入社 営業統括本部 飲食情報営業統括部 市場開発1グループ所属

人間ドックを専門に扱う医療機関に新卒で入社。受付や案内業務を担当していたが、母のように結婚・出産後も働き続けたいという想いから転職を決意。自身の価値を見つけ社会に発揮していくため、知識とスキルを身につけ続ける。

成長する感覚を求めて、営業の世界に飛び込んだ。

私の母は女手ひとつで3人の子供を育て、大学まで進学させてくれました。毎日一生懸命働く母の姿は、自分が大人になるにつれてたくましくかっこよく感じるようになりました。私も、母のように働く女性になりたい。そう思って社会人になったものの、最初に入社した医療機関の受付業務では、結婚してそのまま退職する人がほとんどでした。それでも私は、生涯働けるよう手に職をつけたかったし、社会に対する自分の価値を見つけたかった。だから、リクルートライフスタイルのことを知ったときは「ここだ!」と思いました。営業という仕事は決して楽ではないと知っていましたが、それ以上に目標に向かって突き進む成長感を手に入れたかったのです。営業として普遍的なスキルを磨けるだけでなく、頑張った分だけ評価として返ってくる環境にも魅力を感じました。営業未経験の人も積極的に採用しているリクルートライフスタイルなら、一からスキルを学び、社会に価値発揮できる人になれると思ったんです。

交渉スキルを、仲間たちと磨いています。

今はホットペッパーグルメで業務支援を行う商品をご提案しています。特に磨かれていると感じるのは、交渉のスキル。例えば、リクルートでは「ソーシャルタイプ」という人間の4つのタイプの行動傾向とその傾向に合わせたコミュニケーション術を学びます。お客様の中には、世間話を好む方もいれば、端的に要点だけの会話を好む方もいてタイプは様々。自分本意ではなく、相手の立場に立った営業方法は、商材に関係なく使える強力なスキルです。他にも、店舗状況の徹底的なヒアリングや、経営者と目標を共有する作戦会議を行うことなど、経営者にとって“営業”ではなく“パートナー”になるための方法を、先輩や同期から学んでいます。身につけたいと思っていた知識やスキルにどんどん出会えるので、日々成長を実感していますね。何より楽しいのは、周りの仲間と切磋琢磨できること。ここには「自分を変えたい」「成長したい」「将来は〇〇になりたい」と、目標を持っている人ばかりです。毎月出る結果に一喜一憂しながらも、自分のことを支えてくれる先輩たちがいて、夢を持った同期がいる。決して孤独ではありません。日々の業務の中でお互いを高め合える環境は、私にぴったりだと実感しています。

自分だけの価値を見つけて、
母のようなたくましい女性に。

今の私の目標は、リクルートライフスタイルの3年間で、さらに提案のスキルを磨き、自分が今後活躍していくフィールドを見つけること。営業という仕事にはやりがいを感じているので、人と接して、何かを提案する仕事は続けていきたいと思っています。まずは営業として力をつけて、その先は、自分だけの価値が発揮できる仕事を模索したい。母が見せてくれたたくましくかっこいい背中を、自分の子供にも見せられるように、社会で価値を発揮し続けられる人になっていたいですね。