リクルートライフスタイル

Entry

Interview

社内でのキャリアを選んだ先輩社員

それぞれに、なりたい自分に向かって成長を続ける
リクルートライフスタイルの社員たち。
ここでは、他社への転職ではなく、
SE正社員の道へ進むことを決めた理由をはじめ、
リクルートライフスタイルに入社してからの変化や、
将来の目標などについて語ってもらいました。

01

飲食情報営業統括部
事業推進部セールスマーケティンググループ
小坂 美貴
Profile
大学時代に地域情報誌の魅力を知り、「つくる側になりたい」という想いで就職活動。新卒でリクルートライフスタイルに入社する。岡山の飲食領域に配属。『ホットペッパーグルメ』の営業として経験を積んだのち、SE正社員として事業推進部セールスマーケティンググループへ。現在は、新サービスの営業企画などにも携わる。

3年目でやっと気づけた仕事の楽しさ。
もっと追求するために選んだのは、
社内転職の道。

「地域情報誌を作りたい!」とリクルートライフスタイルに入社したのに、実際は営業の日々。想像していた仕事とのギャップに打ちのめされ、意欲的になれないまま2年が過ぎてしまいました。

大きな転機が訪れたのは、3年目になったばかりの頃。新しい上司とじっくり話す機会が持てたのです。実は、それまでの私は、「未熟な自分が先輩たちの時間をとるなんて…」と相談すら遠慮していました。でもその時は、なりたい自分と今の自分との差が大きいこと、どうしていいかわからないことを伝えられたのです。上司はずっと耳を傾けてくれて。そして、「美貴は『逃げない』がテーマだね」と。その言葉で、嫌なことや未熟な自分から目を逸らしていたから、仕事の楽しさを見出すところまでたどり着けなかったのだと気づけました。

以降、目標以上の飛び込み営業をしたり、勉強会に積極的に参加したり、ロールプレイでの営業練習を皆に披露したり。自ら追い込むことで成果が出始め、苦手な新規開拓が逆に得意になったほど。毎日が楽しくなりました。そして、遅咲きの私にはまだ課題が沢山あるな、と。だったら転職ではなく、このまま社内で頑張ろうと思ったんです。

今は新サービスの検証や営業企画に携わっています。正解のない中、全社に先駆けて成功事例やフローなどを作るのがミッション。「逃げない」を学んだ私だからできる仕事だと日々感じています。

※インタビュー内容は2019年9月のものです。

02

ビューティー営業統括部
北九州・山口美容グループ チームリーダー
高橋 優太
Profile
新潟県出身。地元のリフォーム会社に就職し、2年間営業職に従事する。その後、2016年にリクルートライフスタイルへ入社。美容領域に配属となり、営業として活躍。3年後の2019年、SE社員に。現在はチームリーダーとして、プレ―ヤー業務のみならず、メンバーのマネジメントにも挑戦中。

3年間で“リクルート”を活用しきれたか?
答えは、NOでした。

元々、3年の契約期間終了後は他社に転職しようと考えていました。ここで高めてきた営業力を全く別のフィールドで活かしたい、と思っていたんです。

この気持ちがガラリと変わったのは、3年目の時。とある打合せで出会ったコンサルタントの方の、視座の高さや視野の広さに刺激を受けたのです。自分もこの方のレベルまで成長したいと思いました。そうしたら、今の自分に足りない部分が見えてきて。同時に、あの研修も受けてみようとか、マネジメントに挑戦してみようとか、理想に近づくための欲がどんどん出てきたのです。そして、まだまだ“リクルート”という環境を活かしきれてなかったな、と気づきました。ここは優秀な先輩が多く、様々な制度や仕組みも整っている。目標ができたその日からやりたいことが沢山でき、SE正社員になろうと決めました。

SE正社員の道を選んで良かったです。チームリーダーという役割も任せていただき、視野はグッと広がりました。人を動かすことは簡単じゃない、ということもわかりました(笑)。でも、ゆくゆくは会社を動かすくらいの大きな視点を持ちたい。そのためにも、次の目標はグループマネージャー。リクルートライフスタイルは頑張るほどに目標ができる、欲張りになれる環境だな、と今改めて感じています。

※インタビュー内容は2019年12月のものです。

03

旅行営業統括部
総合営業グループ
千葉 美沙希
Profile
前職でも旅行系のオンラインサービスに携わる。より影響範囲の大きい環境で成長したいと、国内最大級のシェアを持つ『じゃらん』に携わるため、2017年4月にリクルートライフスタイルへ入社。新規事業の立ち上げに携わった後、ホテル担当へ異動。集客アップのための企画提案をするほか、現在は5名のマネジメントにも携わる。

一人だと限られる成長速度。社内外の力を
借りて成長速度を早めることを知った。
その先で手に入れたのは、
信頼と新しい目標。

入社時の私は、“手のかからない新人”。目の前の仕事に向き合い、成果にこだわり続けた3年目に、別の環境での新たなチャレンジの機会をもらえることになりました。

でも、そこで初めての壁にぶつかることに。目標は達成していたものの、お客様から「提案通り出稿したのに、売上が伸びない」と言われ…。過去の経験に頼っていた自分の提案力不足を感じました。

一人で悩む私に上司はすぐ気づき、「プライド捨てて、周りに相談しなさい」と叱ってくれました。一人で考え込む時間が、お客様にとってムダな時間になっている、と。新卒時から「あなたはできるから大丈夫」と言われてきた私にとって、ハッとする出来事でした。それからは自身の成功体験を壊し、周囲を頼り客観的な視点を積極的に取り入れたことで、一回り自分を成長させることが出来ました。

今マネジメントしているメンバーには年や社歴が上の人もいて、相談してもらえるようになるまで時間がかかりました。私と同様、上手くいってきたがゆえに伸び悩んでいた人も。でも、自身の当時の経験をもとに相談に乗ったところ、少しずつ頼ってもらえるようになったんです。誰かの成長を支える喜びを改めて知りました。私を変えてくれたのは上司や周りの環境。だから今度は私が、仲間の成長や夢を応援する側になりたいです。

※インタビュー内容は2020年9月のものです。

04

飲食情報営業統括部
アーバン2グループ グループマネージャー
徳山 晋一
Profile
2008年入社。不動産会社のトップセールスとしてのキャリアを捨て、さらなる成長を求めてリクルートライフスタイルへ。入社後は飲食領域に配属。『ホットペッパーグルメ』の営業として活躍する。2年目には営業部の全社員から選ばれる年間MVPも獲得。現在は、グループマネージャーとして多くのメンバーに影響を与えている。

一匹狼から、マネージャーへ。
次は自分が、仲間を支援する先輩になる。

リクルートライフスタイルに入社した当初の目標は、3年後「もっとウチで働いてくれ」と頼まれるような人材になることでした。リクルートでも高い成果を出してみせるぞ、と。決して現状の自分に満足することなく、より高いレベルで活躍する先輩の背中を見て、成長を追い求め続けました。そして、2年目の時。営業部の全社員から選ばれる年間MVPも獲得することができたのです。

そんな私についたあだ名は「一匹狼」。考えてみれば、それまでの私は自分の成長にしか興味がなかった。でも、周りを見渡してみると、リクルートライフスタイルの先輩たちは仲間の成長にも貪欲な人ばかり。自力で頑張ってきたと思っていた私も、先輩方に成長を後押ししてもらってばかりだったと考えさせられました。同時に、人に教えることで自分も学べるのだと気づき、次の目標ができました。組織を束ねるマネージャーです。

組織の上に立つ今、メンバーに対しては「3年の人生を預かる」という想いで向き合っています。その期間で、いかに気づきを与えるか。さらには、いかに周りに気づきを与える人へ成長させるか。自分の下だけでなく、どこへ行っても活躍できる人になってほしいですから。一匹狼だった自分がこう思えるようになったのは、あの3年間、仲間想いな先輩に囲まれて成長できたおかげです。

<グループマネージャー職に従事する場合、勤務エリアは全国になります>
※インタビュー内容は2020年9月のものです。